本サイトではアフィリエイト広告を利用しています【PR】

▼依頼先決め〜リフォーム工事前

クロノ

同じリフォーム内容でも、依頼先が違えば「金額・仕上がり・対応の気持ちよさ」が違います。

水栓の交換など、工事金額が1万円以下であれば1社で決めてもOKですが、10万円近くする場合や配管・配線工事が必要な場合は、3社ほどで見積もりや対応の仕方を比べるのがおすすめです!

リフォームで失敗しないためには「価格・サービス内容・対応の質」を比べる必要があります。

実際にリフォームをした人からは「1社だけで決めなければよかった」という後悔の声が多く聞かれるので、相見積もりは必須です。

クロノ

給湯器の交換など小さな工事であれば2社、水回りや塗装などの中規模工事であれば3社ほどで相見積もりを進めましょう。

自分でリサーチするのが得意な人は「(お住まいのエリア) リフォーム」で検索するなどして、情報を集め、相見積もりをお願いする会社を探しましょう!

以下に当てはまる人は、無料のリフォーム会社紹介サービスを使うのがおすすめです。

当てはまる人は、無料紹介サービスを利用するのがおすすめ!
  • リサーチが苦手!だんだん眠くなってくる…
  • プロが選んだ会社を紹介してもらいたい
  • 家事・仕事で忙しいから時短したい

無料のリフォーム会社紹介サービスの中には、最大5社を紹介してもらえるというサービスがあります。

スマホやパソコンから無料で利用できるので「自分から各社に連絡するのは抵抗がある」という時は、情報収集の1つの手段として使うのがおすすめです!

リショップナビの活用がおすすめ!
  • 70万人以上が利用している人気サービスです
  • 1分の入力で、最大5社から見積もりが受け取れる
  • 自宅から1歩も出る必要がない!

>>

給湯器・レンジフード(換気扇)交換なら、専門店に直接見積もり依頼が早くてお得!

給湯器だけ、レンジフード(換気扇)だけ交換したいという場合は専門店に直接見積もり依頼をするのが早くてお得です。

相見積もり依頼後…

クロノ

このような状態の方のために、見積書のチェックポイントを「リフォーム見積書はココをチェック!」の記事にまとめました。ぜひご活用ください。

全てのリフォーム会社が適切な見積書を提出してくれるわけではありません。中にはトラブルになるケースもあるので、見積もりの時点でしっかりチェックすることが大切です!>>記事へ

リフォーム見積もりは2回までが理想です。5回、10回と多くなると「もう対応できません」と断られる場合もあるので記事にまとめた注意点をチェックしておきましょう。>>記事へ

契約後…

クロノ

リフォーム工事の契約後にキャンセルする場合は、タイミングによってキャンセル料の支払いが必要になります。

大きなトラブルになることもあるので…契約書に記載されているキャンセル料については、よ〜く読んでおくようにしましょう!